MENU

良いホームページは、どんなホームページ?

2017年3月22日

あなたは地域ビジネスのオーナーです。

あなたはホームページ(Webサイト)で集客をねらっています。

でも、中々Webサイトからの集客につながっていません

 

どうしてでしょうか?

 

 

一度あなたのWebサイトを見直してみるのも

ひとつの手ではありますが、

でも、どうやって・・・と・・・

 

 お思いの

あなたに良い方法があります。

 

 それは、あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちの目線で

あなたのWebサイトを検索してみることです。

 これではまだ、具体的でないので、

分かりませんよネ・・・キット

 

 では、これではどうでしょうか?

 

あなたの商品やサービスを利用しよう(買おうと)した場合、

あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちはどのようなキーワードで検索するでしょうか?

 

 客観的になって(あなたがじゃなく、あなたのお客さん目線で)検索してみてください。

 

 あなたの商品やサービスだと、客観的になれないのなら

ライバルの商品・サービスで考えてみてください。

 こんな、商品・サービスがあったら良いな

とか、

 こんな、商品・サービスは嫌だなとか

その様な切り口で、キーワードを探し出し(選び出し)

そのキーワードで検索してみてください

 

検索結果で

あなたのWebサイトのコンテンツがトップに出てきたら

安心してしまわないでください

(Webサイトからの集客がうまく行っていない原因が他にあります)

・・・この場合は、後でお伝えしますので少し待ってください。

 検索でなんらかのサービスを探す人は、自分の欲求を満たしてくれる解決策を探しています。

 

検索結果で、

ライバルのコンテンツの方がより上位にある場合

 

この場合は、

あなたのコンテンツの力不足です

ライバルのコンテンツとあなたのコンテンツを比べてみてください

(まだ、ライバルの検索結果をクリックしないでください)

ライバルのWebサイトに訪問して比較するのではないですよ

 

どの様に比較するかは、

こうです。

 

あなたのコンテンツの「タイトル」と「要約」を

あなたより上位に表示されたライバルのコンテンツの「タイトル」と「要約」とを

比べてみてください。

 

どちらが、客観的に見て

あなたが、「検索」で指定した「キーワード:こんな、商品・サービスがあったら良いな」に

マッチしていますか?

 

 くどい様ですが、あくまでも客観的に見てですよ

特に、「要約」の部分です。

この場合、要約の文書が上手いとか、よく説明されている・・・ではなくて、

どちらが、検索したキーワードからより関心が持てたか(関心を引かれたか)で判断してください。

 

 そして、より関心がひかれた方が、上位にある場合は、

まさに、あなたのコンテンツが力不足です。

 

 あなたは、あなたの商品・サービスをWebサイト上のコンテンツで説明していませんか?

あなたの商品・サービスの特徴とか仕様を「要約欄」で説明していませんか?

 

 もちろん説明は必要なことですが、「要約欄」ですることではありません

「要約欄」は、わずか120文字程度しかありません

その様な大事なあなたの商品・サービスをアピールする場所である「要約欄」で使ったらもったいないです。

 

120文字で、説明は限られるし、その様に使うことすらもったいないのです。 

説明は、あなたのコンテンツの本体(クリックされWebサイトに訪問されてから表示されるページで)行いましょう。

 

 大事な、「要約欄」は、

あなたの商品・サービスを利用してくれたら

あなたのお客さんに起こる良い事(ベネフィット)を書きましょう。

 

 ネットで「検索」を利用する人たちは、

自分の欲求(要望や悩みトラブルなど)を解決してくれるものを探しています。

自分の欲求を叶えるのが目的で検索しています。

 

その欲求を叶えてくれる商品・サービスを探しています。

しかし、直接「商品名」や「サ―ビス名」で検索することは少ないのです。

なぜなら、自分の欲求を満たす商品やサービスの存在を知らない場合が多いのです。

 あなたが検索する場合、どの様に検索しますか?

 例えば、

ここに歯が痛い人がいたとしましょう。

単に歯が痛くて、近くに知った歯医者さんがあるなら

その歯医者さんに行くかも知れないし、その様な人はわざわざ「検索」などしませんよね!

 

 近くに歯医者さんが無いなんてことは、日本中の歯医者さんの数から考えてまず考えにくいことです。

 

 そのようなことは置いておいて、

ネットで「歯医者さん」を検索する場合を考えてみましょう。

この場合、単に歯医者さんに行くことが、歯が痛い人の目的ではないはずです。

 

目的は、「歯の痛みから解放されたい」です。

 

だから「歯医者 熊谷」などで検索しません

 

本当は歯医者さんには行きたくないのです。出来る事なら、

だから、治療でまた痛い思いをしたくないのです。

 

上手な先生を探したり、痛くない治療をしてくれる歯医者さんを探して

「痛くない歯の治療 熊谷」とか「痛くない麻酔 熊谷」とかで検索するはずです。

 

あなたが歯医者さんだとして

歯医者さんのWebサイトのコンテンツに

例えば

1.「タイトル」: 地域のホームドクターを目指す歯医者です。

 「要約」:やさしく・丁寧な治療を心がけている熊谷市の□□歯科医院です。~~

 

2.「タイトル」:痛くない歯医者、麻酔も、治療も痛くしません~~

 「要約」:歯医者での麻酔や治療は痛いもの、我慢するものと思ってはいませんか?熊谷市の〇〇歯科は麻酔も治療も痛くしません。なぜなら~~

 

と、検索結果に現れたら

どちらのコンテンツをクリックされると思いますか?

 

まさか、1を先にクリックしませんよね?

(たとえ検索上位にあっても)

 

 当然ですが

2.をクリックしますよね?


なぜかは?

患者さんの願いは、歯が痛い上にこれ以上痛い思いをしたくないからです。

(「痛くない歯の治療 熊谷」検索の例としては極端すぎるものですが)

 

お伝えしたいことは(ここでは)

あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちの

関心を如何に引くかと言うことです。

 

関心を引くのは、「検索者」のベネフィットが一番です。

あなたの商品・サービスを購入・利用したらどの様な良い事があるか・・・です。

 

歯が痛い人へのベネフィットは

「痛くない麻酔」、「痛くない治療」です。

このベネフィットを「要約欄」で、分かりやすく・丁寧に・簡潔に120文字で伝えるのです(説明ではありません)

 

 

 

「検索」であなたのWebサイトを訪れて、あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちは、

あなたの商品・サービスから自分たちが得られる良い事を探しています。

 

「検索」で上位表示されても

検索した人の、関心を引く「タイトル」や「要約」でなければ

クリックされることはありません。

 

以下は「検索条件」と

タイトル」と「要約」の例です。

さいたま スマホ集客

 SEOよりWebマーケティングが大事

 

 

あなたのコンテンツが上位にあるのにWeb集客がうまく行っていない場合

①   1番目の見直しは、先に上げた「要約」の内容をもっと検討してみてください

人は基本的には、検索上位からクリックしてWebサイトを訪問します。

・訪問されていない(訪問回数が少ない)のであれば、あなたの「要約」より検索順位が下のライバルのコンテンツの方が魅力的だったのかも知れませんし

・あなたのWebサイトの中身(コンテンツ)が、「要約」で期待させた内容が伴わない(要約の内容とコンテンツの内容が訪問者の目的に一致しなかった)からかも知れません

・それとも・・・

②   2番目の見直しは、Webサイトそのものが見やすく・操作しやすいものになっているかです。

(見やすくする・操作しやすくする工夫はここでは省き、また別の機会で書いていこうと思います)

 

 

ところで「要約」をどのようにして書くかをご存知ない方もいらっしゃるかと思います。

 

ホームページ制作会社からも、そんなことは聞いていないよ・・・と、おっしゃるかも知れません

 

「要約」は、あなたのコンテンツの内容の、まさしく要約であるべきものです。

 

何も、していなければ、Googleが自動であなたのコンテンツの中身を要約してくれるかも知れません(そのような例もたくさんあります)

 

「Googleが自動でまとめてくれるなら、それで良いではないか、わざわざ要約する必要もない」と思ったあなた・・・

 

 本当にそうでしょうか?

✔ それであなたの想いが伝わりますか?

✔ それであなたのお客さんにベネフィットが伝えられますか?

✔ それでよいのですか?

 

 それではいけませんよね?

 

 「じゃあどうするの?」という声が聞こえてきそうです。

 

 答えは、あなたのコンテンツのページ毎のdescription(説明)に一つひとつ丁寧に記述することです。

 

description(説明)を直接編集できないのであれば、

あなたのWebサイトを制作したホームページ制作会社に依頼してください

(もちろん、descriptionの中身の文書(コピー)はあなたが書いてですよ)

 

あなたの想い(思い)・あなたが伝えたいことまでホームページ制作会社に任せてはだめですよ。

 

あなたの想いは、あなたのものであって・あなたの言葉で書くものです(もちろんお手伝いはしてくれるでしょうが)、放任(丸投げ)はいけません。

 

なぜなら、あなたの仕事の内容(業務)には詳しくないのですから。

 

コピーライティングの切り口(ベネフィット ライティング:書き方)などでの支援はできるでしょうが、あなたの商品・サービスの何が良いのかは、今までの事例から引き出せるのはあなたです。から

 

ベネフィット ライティングについては、必要であればお問い合わせください。

 

新着記事

サイトをリニューアルしました。といってもこのサイトではありません

◇2018年7月26日◇

当然ですが 今まで、他のテーマでアップしていたサイトの コンテンツを全面リニューアルです。今回のリニューアルに際して意識した点は、顧客視点。使いやすく、分かりやすいサイト。検索から訪れて来てくれた人たちのベネフィットがあること

あたりまえのアダムス

◇2018年4月22日◇

 もし、 あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、 あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。          もし、 あなたが、 何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えす

自然言語検索があなたのWebサイト集客にもたらすもの

◇2018年4月8日◇

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    

MFI始まる。あなたのサイトは大丈夫ですか?

◇2018年3月30日◇

  いよいよ始まります。 Googleが長期にわたってテストと検証を行ってきた モバイルファーストインデックス もし、あなたがWebサイトをお持ちなら、 モバイルに対応する必要性をお感じなら、 この記事を読んでみてください。

あなたのサイトに自然言語検索がもたらす影響

◇2018年3月20日◇

あなたのビジネスはもっとWebを活用すべきです。Webなら大企業より小回りの利く地域ビジネスの方が断然有利です。自然言語検索の実現は、文脈を理解する技術をもたらします。あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに向けたコンテンツを作成し、検索エンジンに…

思いをつたえる

◇2017年12月2日◇

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

つながり つながる

◇2017年7月17日◇

どんなことでも、つながりがあることは、とても大切で・大事なことです。今日は、趣向を変えて、この、「つながり」について考えてみようと思います。先日、と言っても・・・1か月以上も前のことです。

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。    何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

 もし、 あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、 あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。          もし、 あなたが、 何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えす

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

まず質問です。 あなたは何故Webサイトをお持ちなのでしょうか?     あなたのWebサイトは、お役に立っていますか? いまはまだ課題を認識されていないのかも知れませんが、・・・   あなたのWebサイトには2つの問題になりうる

スマホ対応だけでは不充分、スマホ最適化が求められています。 スマホ最適サイトの強みは、他のスマホ対応サイトには揃っていない機能が全部そろっていること。 綺麗なデザインより、Webマーケティング機能が大事です。 これらの機能は、綺麗なデザイン・

 出来るだけ「専門用語を使わないで」今回のブログを書こうとは思っているのだけれども、今回は、かなり難しい。   Googleモバイル ファースト インデックスに対応する為に必要なこと...で、ブログに書いた   Googleウェブマスター向


最新記事

« 前123456...25次 »

アーカイブ

2015

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 https://a-itc.info

上記サイトは、ITの全般サービスを掲載したPC専用サイトです。

 

 

このサイトは、

IT有資格者が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトの制作例です。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒230-0041
神奈川県横浜市鶴見区


© 2018 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.