MENU

上位にいるだけで満足ですか?検索上位であることは何の為ですか

2017年1月28日

○○SEO対策と言って

 

  やたら、SEO対策を持ちかけてくるSEO業者は、

あなたの周りにもたくさんいると思います。

 

今回は、SEOの是非について・・・ではなく、

 

検索上位にあることの意義を書いてみたいと思います。

 

 

結論は、

 

  検索上位を目指すことよりも

もっと先にやるべきことがあるということです。

 

 

上の図は、

Googleローカル検索ファーストビュー(通常上位3位まで無料で表示)

です。

 

もし かりに、あなたのWebサイトが検索上位にあったとしても

  検索上位にあっただけでは、

あなたのWebマーケティング(Webサイト)は

なんの役目も果たさない・・・と言うことです。

 

 

なぜなら、

 

✔ たとえ上位にあってもクリックされなければ

 

✔ そしてクリックされても、サイト訪問者の目的に叶うものでなければ離脱され

 

なんの役にも立たない結果になるのです。

 

 

その為に必要なこと

 

  その為・・・とは、

クリックされ、訪問され、さらにあなたのWebサイトの情報から、

あなたのお客様になってくれることをしてもらうために、○○が必要 です。

 

当たり前のことを

  言っていますが、その当たり前の事が出来ていないのです。

その当たり前の〇〇をこれから述べてみたいと思います。

 

  検索で、

あなたのWebサイトを訪れる

あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちは、

 

 なんらかの

トラブルや悩みを抱えています。

 

その悩みを解決したいから

その悩みを解決してくれるところを探して・探すために

「検索」しているのです。

 

 

 インターネットで集客を望むなら

ネット上で目立って・知られることが必要です。

 

 

そして(必要なのは、お客様の利便性を考慮することです。)

 

  例えば、

 

婦人服ルージュ(口紅)の広告は

たとえ新聞の見開きの広告でも男性の関心は引かないし、

 

 シェイバー(カミソリ)の広告

女性の目をとらえることがないのと同じです。

 

 

 あなたの提供するメニューに目を向けるのではありません。

自分(訪問者)の目的に目を向け

 その悩みを解決してくれるページに直行したいのです。

 

 

 

多くのWebサイト(ホームページ)が、提供者目線の作りです。

 

提供者目線とは、

 

/// 自分のサービス・商品・製品をこれでもかと「宣伝」しています

 

/// 自分が提供できるものを、「選ぶ」ことを、「訪問者」に強要しています。

 

Webマーケティングの道具 

利用者目線が必要です。

 

✔ 欲しいサービスは、1つです。

利用者は自分の欲求をかなえるものを直ぐに見つけたいのです。

 

 メニューから選ぶのではなく、サービスのページに直行したいのです。

 

 あれもこれもあったら、何が自分にとって一番か 良いのかわかりません。

 

 迷ったり・悩んだりで・混乱して、

結局何が一番よいのかわからなくなり離脱してしまいます。

 

✔ 自分の近く・通える範囲で探したいのです。

  利用者が通えるところは限られています

 

検索の前にある事

 

✔ あなたのWebサイトが知られるために

✔ あなたのWebサイトのページが、あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに、

  あなたのサービスを伝える(伝えることが出来る様にする)ために

 

 

検索から先に進んでもらうために

いつまで 連れまわすのでしょうか?

✔ あなたが、たくさんのサービスをお持ちでも

 

 × 沢山のサービス・商品・製品を詰め込んだページを作ったり

 × メニューや、「詳しくはここから>>」の様にしてはいけません

 

 

 → これは、たらいまわしと同じです(サイト内で他のページへのたらいまわし)

   メニューから選ぶことを強要させられたり、

   たらい回しにされるのはなのです。

 

 → 選んだ先で迷子になってしまい、肝心の目的を見つけことが出来なかったり、

 → いつまでも到達しないので、

   いい加減うんざりして途中で離脱してしまいます。

 

   (この様な、「詳しくは>>ここから」と書いたホームページはたくさんあります。)

 

 〇 サービスごとの専用のページを作ることが必要です。

 

 〇 専用のページで、例をあげて、詳しく伝えるのです

 

 〇 伝える・・・であって、説明ではありません。分かりやすく伝えるのです。

 

 〇 あなたの常識は、他の人の常識ではありません。

 

 〇 難しい言葉をつかって、あなたの専門性を自慢してはいけません

 

 〇 あなたの専門知識を、あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに向けてわかりやすく

 

 どこまで 連れまわすのでしょうか?

✔ あなたが、たくさんのお店を、お持ちでも

 

 × あなたの、各地のお店を一緒に紹介してはいけません

 × 例え、あなたが広範囲(各地域)にお店をお持ちで、その どこでもできますと してはいけません。

 × サイト内で多店舗展開をしては、いけません。

 

 → 何故なら、あなたのWebサイトを訪問した人たちは、自分の通いたい場所があるからです

 → あなたが沢山の店舗を各地に展開していても、お客さんが通えるのは、特定の1つの店舗だからです。

   (あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちにとって、他の店舗はどうでも良いのです

   たくさん載せられて、選ばされるのは、面倒で煩雑で

   いつまでもたどり着けないから なのです)

 

 〇 Webサイトの強みを生かすべきです

 

 〇 バーチャル(仮想)空間では、一度(同時)に、たくさんの対応が出来ます。

   (これを勘違いして、一度にたくさんのサービスや店舗をWebサイトに詰め込んではいけません)

 

 〇 サービスはWebサイトのなかで、サービスごとの専用のページを持つのです。

 

 〇 たくさんの店舗は、Webサイトを分けて作ることです。

 

  (そして、過っては有効であったこと、店舗間の相互LINKはあなたの自慢になることに過ぎません。)

 

 

✔ あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちの目線で、

  Webサイトを作る必要があるのです。

 

  そしてWebサイトが出来上がったら、それでお終いではありません

  Webサイトはあなたの集客のための道具です

  道具は使わなければ錆びてしまいます。

 

  折角作り上げた道具をほったらかし・・・では、Webサイトを作った意味がありません。

 

道具は使ってこそ・・・なのです。

 

Webサイトさえ作れば・・・では、どうにもなりません。

 

魔法の道具などどこにもありません。

 Webサイトは道具

Webサイトを運用するのです

 

✔ あなたのお客様・あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに向けて

  お客様に有用な情報(コンテンツ)を伝えるのです。

 

✔ 難しいことでなく、あなたが常日頃

  お客様に提供しているサービスであったこと(お客様に喜んで戴いたこと)を

  わかりやすく、伝えていくのです(説明ではなく)

 

  お客様が体験して喜んで戴いたことは、ほかのあなたのお客様になってくれるかも知れない人たちにも有用な情報(コンテンツ)となり得るのです。

 

  もしかしたら、自分にも役立つものになるかも知れないと、関心をもってもらえるのです。

 

例えば、

この様に伝えたら如何でしょうか?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

✔ 体に何らかのトラブルや悩みを抱えている人たちに向けて

 

  こんな症状はありませんか?

で呼びかけて、

 

  ◇◇◇(具体的な症状や悩み・トラブル)を抱えていたお客様が、

 

 「長年のお悩みを解決できた」と喜んでおられます・・・

 

  原因は□□(具体的な原因と解決に至った内容)でした。

 

  ○○〇〇(あなたのお店の名前)では、この様な、お客様がお気づきにはなれない事も

 

  △△(あなたのサービス)の立場から見つけることが可能なのです。 

 

 あなたが、もしこの様なことが思い当たるなら、または似たような感覚がある場合には、

 

一度、お越しになりませんか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・と伝えるのです。

 

あなたが望む 

どの様に実現するか

 

ご相談ください。

 

検索上位にすることは、もちろん大事なことですが、

 

検索上位にすることより

 

まずは、しなければならないことがあります。

 

〇 あなたの地域ビジネスを知られる様にすることです。

 

〇 あなたのビジネスのWebサイトを知られることです。

 

〇 あなたの、お客様になってくれるかも知れない人たちに知って戴くためにすることがあります

 

私たちは

単なるWebサイト制作に留まらないことを、お薦めしています。

 

Webサイトを作ることを目的化するのではなく

Webサイトを、Webマーケティングの道具として運用(活用)していくこと、

 

その為の道具としてのWebサイトの在り方突き詰め

情報(コンテンツ)の入れ物として

 

✔ Webサイトの機能(表示速度を速め)にこだわり

 

✔ 当たり前ですが、特定の機能に依存することなく

 

✔ これもあたりまえですが、エラーのない

 

✔ サイト訪問者が見やすく・使いやすい

 

を、前提に、

 

Webサイト構築のご支援をさせて戴いています。

 

 

以下は、私のサイトの「特定キーワード」での検索履歴の画像を

ご参考程度に載せています。

ご参考

スマホ最適化

2017/01/08に「スマホ最適化 熊谷」で検索した結果

1.2.3.4.5.9位が私のコンテンツ
1位から5位までが私のWebサイトの記事(内4つがブログ記事)
9位はYoutube動画コンテンツ

 

 

モバイルファーストインデックス

2017/01/08に「モバイルファーストインデックス」で検索した結果
5位が私の2016/12/20-ブログからGoogle+に連携したコンテンツ

 

 

モバイルファーストインデックス

2017/01/08に「グーグルモバイルファーストインデックス」で検索した結果
7位が私のブログの別記事からGoogle+に連携したコンテンツ

 

 

モバイルファースト

2017/01/08に「モバイルファースト」で検索した結果
検索キーワードが変わると、順位が変わる例
5位は、「モバイルファーストインデックス」で検索した結果では7位だったもの
8位は、私の2016/11/18-ブログからGoogle+に連携したコンテンツ

 

 

熊谷 スマホホームページ制作

 

2017/01/27に「熊谷 スマホホームページ制作」」で検索した結果

Googleの特別枠(SEO検索枠よりも上位に表示)に
Googleマップ上の表示と、特別枠の2位(ここには上位3位までの表示)

4位、5位が私のWebサイトのコンテンツ
11位は、Google+への連携記事

 

 

 

右側の写真付きの表示は

Googleローカル検索ファーストビュー 

熊谷 集客獲得ホームページ

2017/01/27に「熊谷 集客獲得ホームページ」で検索した結果

1.2.3位が私のWebサイトのコンテンツ
4.5.6位が私がYoutubeに投稿した動画コンテンツ

 

 Googleローカル検索結果に

表示されるかは大きな違い・・・を生む

熊谷 顧客獲得ホームページ

 2017/01/27に「熊谷 顧客獲得ホームページ」で検索した結果

このように、検索キーワードの変更で
検索順位も検索結果も異なる結果となることをお示ししたかったのです。

 1位~4位。Webサイトのコンテンツ
 5位、youtubeのコンテンツ
 7位、Google+に連携したコンテンツ
 8位、freemlに連携されたコンテンツ

 

 

Google検索順位チェック

 検索順位チェックツールで表した、「Google」での各検索語の順位推移(履歴)抜粋

 

 

Yahoo検索順位チェック

検索順位チェックツールで表した、「Yahoo」での各検索語の順位推移(履歴)
 ※Yahooも検索エンジンはGoogleを使っているが、Yahooを使うユーザ層がgoogleとは違う結果が表れている

 

 

Bing検索順位チェック

 検索順位チェックツールで表した、マイクロソフト検索エンジン「Bing」での各検索語の順位推移(履歴)

 

 

Yahoo、Google、Bingでの検索順位チェック一覧

 YahooGoogleBingでの検索順位チェック一覧

 ※それぞれの特徴が見て取れます。

 

 

Yahoo、Google、Bingでの検索順位ランクインページ一覧

YahooGoogleBingでの検索順位ランクインページ一覧
 ※それぞれの特徴が表れています。

新着記事

サイトをリニューアルしました。といってもこのサイトではありません

◇2018年7月26日◇

当然ですが 今まで、他のテーマでアップしていたサイトの コンテンツを全面リニューアルです。今回のリニューアルに際して意識した点は、顧客視点。使いやすく、分かりやすいサイト。検索から訪れて来てくれた人たちのベネフィットがあること

あたりまえのアダムス

◇2018年4月22日◇

 もし、 あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、 あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。          もし、 あなたが、 何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えす

自然言語検索があなたのWebサイト集客にもたらすもの

◇2018年4月8日◇

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    

MFI始まる。あなたのサイトは大丈夫ですか?

◇2018年3月30日◇

  いよいよ始まります。 Googleが長期にわたってテストと検証を行ってきた モバイルファーストインデックス もし、あなたがWebサイトをお持ちなら、 モバイルに対応する必要性をお感じなら、 この記事を読んでみてください。

あなたのサイトに自然言語検索がもたらす影響

◇2018年3月20日◇

あなたのビジネスはもっとWebを活用すべきです。Webなら大企業より小回りの利く地域ビジネスの方が断然有利です。自然言語検索の実現は、文脈を理解する技術をもたらします。あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに向けたコンテンツを作成し、検索エンジンに…

思いをつたえる

◇2017年12月2日◇

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

つながり つながる

◇2017年7月17日◇

どんなことでも、つながりがあることは、とても大切で・大事なことです。今日は、趣向を変えて、この、「つながり」について考えてみようと思います。先日、と言っても・・・1か月以上も前のことです。

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。    何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

どんなことでも、つながりがあることは、とても大切で・大事なことです。今日は、趣向を変えて、この、「つながり」について考えてみようと思います。先日、と言っても・・・1か月以上も前のことです。

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    

あなたは未だ気づいていません     あなたは、まだ気づいてはいません。   これは、一部の専門家や ・インターネット・マニアの間だけで 注目されていること   だからです。     なにが、大事

つたえる   伝わらない   人に何かを話した時   あなたは、こんな風に感じたことはないでしょうか?   または、     どんな風に 話したたら伝わるだろうかた考えたことは、   ありませんか?   たわいもない

Webサイトの認知 あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちは、あなたの商品・サービスに関心があって購入するのではなく、あなたの商品・サービスを利用することのよって得られるベネフィットを求め・購入に至ります。 最初はWebサイトに直接訪


最新記事

« 前123456...25次 »

アーカイブ

2015

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 https://a-itc.info

上記サイトは、新しいスマホ最適サイトです

 

 

このサイトは、

IT有資格者(ITコーディネータ)が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトの制作例です。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒230-0041
神奈川県横浜市鶴見区


© 2018 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.