MENU

ご存知ですかトップページの重要性がどれ程のものか?

2015年10月21日

成約率アップ

最近の問い合わせで、多いものを今日はご紹介したいと思います。

アクセスアップ?

①サイトの大体の事は出来ているので、トップページのみ専門のデザイナーに作ってほしい。

②トップページのデザインを見直してほしい。

③トップページをレスポンシブ・ウェブ・デザインで作ってほしい、他は自分たちで行う。

 

他にもありますが、

はじめてWebサイトを作りたいところも、サイトをリニューアルしたいところも トップページの部分の要望は、だいたいこの3つに、まとめることができます。

トップページ

今回は、トップページに関する事です。

 何故、これ程トップページにこだわりが多いのでしょうか?

重点を置いていない。コンテンツ不在、共通項目はデザイン重視

確認してみますと、

行きつくところは皆同じで、 Webサイトを制作する事が目的でWebサイトの中身についてはあまり考えていない。

 

 

自分たちが可能な所は自分たちで行い経費をかけたくないと考えている様です。

気持ちは分からないまでもないですが、

 結果はどうでしょうか?

 

失礼を承知の上で、申し上げたこともあります。

 

どの様に言ったかと言うと、

 ・「安かろう・悪かろうのWebサイト」か

 ・「安物買いの銭失い的な残念なWebサイトしかできません」よ

理由を説明する

もちろん、ちゃんと理由を説明し、いきなりこうは言っていません。

 

それでは、順に追ってみましょう。

 

①も②もデザインに重きを置いている事です。

 自分たちでは、デザインセンスがないので綺麗なデザインにして欲しいとの事

 

 ・トップページさえ綺麗であれば良い

 ・トップページで目を引きたい

 

 サイト制作の重みは、コンテンツ8:デザイン2であることを説明しても 聞く耳を持たない。

自分たちの要望通りにしてくれれば良いとの事でした。

 

 

③は、最近の風潮でしょうか

レスポンシブ・ウェブ・デザインでの指定が多い

しかも多くが、ワードプレスを指定してくる。

 

 ワードプレスうんぬんは、ここで書き出すとテーマがそれてしまうので別の機会にします。

 

 

なぜ、

レスポンシブ・ウェブ・デザインかを確認する。

 

 ・やはりスマホ対応したいから

 ・自分たちにその技術がないから

 

 と言う

 

そうであれば、

トップページだけレスポンシブ・ウェブ・デザインにしても意味がないと言っても ここでも

 

 ・トップページだけで良い

 ・お金をかけられない

 との事。

 

①も、②③も、

従来のWebサイト制作の固定概念から抜け出せていない

 

 この様な事で、

Webサイトを作っても、

リニューアルしても

 

効果が無いので、

ほかの説明も試みたが聞く耳を持たなかったのでお受けは、しなかった。

 

根底には

・デザイン重視から抜け出せない(実際の要望にも「デザインを重視しますとある」)

 

  綺麗なサイトであれば、目を引きお客さんからのアクセスが増えると思いこんでいる。

 

  確かに、目を引くサイトはアクセスが多いかもしれない、

 

しかし

 

 

  アクセスされても内容がショボイ(コンテンツが貧弱)なら、サイト訪問者は直ぐに離脱する。

 

  (あなたの潜在顧客は綺麗なサイトが見たい訳ではない)

 

  (サイト訪問者は自分の欲求が満たされることを期待している。

   自分の悩みや、お困りごとを解消してくれるところを探している)

 

 ・ランデング(着地)されるページが、トップページとは限らない

 

  トップページからランデングされていたのは、パソコンが主流の時代だった過去の事

スマホが主流

スマホからの検索で、検索キーワードにヒットしたページから入る為

トップページからランディングされるとは限らない。

 

トップページからランデングされると未だに勘違い

(他のページからもランディングされると考えたこともない?疑った事もない人たちが大勢)

レスポンシブ・ウェブ・デザイン

③トップページさえレスポンシブ・ウェブ・デザインすれば良いと考えている。

 

 

 ここにも、コンテンツありきの考えが全くうかがえない。

 

  レスポンシブ・ウェブ・デザインでリニューアルすれば、アクセスを増やせると信じ込んでいる

目的は?

   ※目的は、アクセスを増やすことではない、成約を増やすこと。

 

  当然、トップページだけで全てのコンテンツを提供できるものではない。

 

成約率アップは、  

 

あなたのお客様や、潜在顧客に有効・有益な情報(コンテンツ)を提供する事によってもたらされる結果です。

 

有益なコンテンツの無いWebサイトは、

 

アクセスされても

notRead, notBelieve, notAct

  読まれない、信じられない、行動されないのです。  

 

  行動されない=成約(購買)されないです。  

新着記事

サイト統合のお知らせ

◇2018年12月19日◇

お知らせ 当サイトは年内を持ちまして以下のURLのサイトに統合いたします。 https://a-itc.info/ テーマ 統合先のテーマは、今まで通りです。 モバイルフレンドリー モバイルファー

サイトをリニューアルしました。といってもこのサイトではありません

◇2018年7月26日◇

当然ですが 今まで、他のテーマでアップしていたサイトの コンテンツを全面リニューアルです。今回のリニューアルに際して意識した点は、顧客視点。使いやすく、分かりやすいサイト。検索から訪れて来てくれた人たちのベネフィットがあること

あたりまえのアダムス

◇2018年4月22日◇

 もし、 あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、 あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。          もし、 あなたが、 何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えす

自然言語検索があなたのWebサイト集客にもたらすもの

◇2018年4月8日◇

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    

MFI始まる。あなたのサイトは大丈夫ですか?

◇2018年3月30日◇

  いよいよ始まります。 Googleが長期にわたってテストと検証を行ってきた モバイルファーストインデックス もし、あなたがWebサイトをお持ちなら、 モバイルに対応する必要性をお感じなら、 この記事を読んでみてください。

あなたのサイトに自然言語検索がもたらす影響

◇2018年3月20日◇

あなたのビジネスはもっとWebを活用すべきです。Webなら大企業より小回りの利く地域ビジネスの方が断然有利です。自然言語検索の実現は、文脈を理解する技術をもたらします。あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに向けたコンテンツを作成し、検索エンジンに…

思いをつたえる

◇2017年12月2日◇

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。    何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

なぜ、こんな過激なタイトルかを、これから あなたにお伝えしたいと思い、このブログを書いています。  このことは、何度も言い方を変えてお伝えしようとしてきたことです。 (残念ながら伝えきれていません。)  既に感染(改ざん

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

 出来るだけ「専門用語を使わないで」今回のブログを書こうとは思っているのだけれども、今回は、かなり難しい。   Googleモバイル ファースト インデックスに対応する為に必要なこと...で、ブログに書いた   Googleウェブマスター向

 もし、 あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、 あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。          もし、 あなたが、 何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えす

Googleが2016/11/05に発表したモバイル ファースト インデックスに備える必要があります。   Googleがインターネット アクセスの主役をパソコンではなくスマホだと捉え、数年来モバイル ファーストと言って来たものです。  


最新記事

« 前123456...25次 »

アーカイブ

2018

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 https://a-itc.info

上記サイトは、新しいスマホ最適サイトです

 

 

このサイトは、

IT有資格者(ITコーディネータ)が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトの制作例です。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒230-0041
神奈川県横浜市鶴見区


© 2021 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.