MENU

内部SEO対策の現実(01)集客と顧客獲得

2016年11月3日

今と昔のSEO対策

「コンテンツ」と

「リンク」両方対策しないと順位上昇し辛い状況となってきていますと言われて久しい。

 

今回は内部SEO(内的SEO)の現状について、実際にあったお話をしたいと思います。

 

一昔前は、

リンク対策のみで順位上昇が出来ていました。

ここで言うひと昔は(10年ひと昔ではなく)

変化の激しいネットの世界ではわずか数年(2~3年の内に大きく変動する)という意味です。

 

しかし、

リンク対策は、

気を付けて行わなければなりません。

 

安易な外部LINK(相互リンク)は、

Googleから検索順位を下げられる危険性(リスク)をはらんでいます

(過去記事「集客と顧客獲得:内的SEO」を参照ください

 

これは、

検索順位を決定するGoogle検索エンジンの仕様(Googleアルゴリズム)が変更されたためです。

 

Googleアルゴリズムの変更で、

上昇しやすいサイトがかわり、

良いリンク(自然発生的な被LINK)と、

良いコンテンツ(サイト利用者に有用・有効な記事)が必要になったということです。

 

今後もGoogleの仕様は変わり続けるでしょう。

より良い情報の提供


ユーザーが、

より求めている情報・サービスを表示するために、

検索エンジンの仕様(Googleアルゴリズム)は変更され続けます。

 

 Googleアルゴリズムを常に把握し、

SEO対策を進めながら、ホームページを最適化することが求められますが、

 

かといって一般のサイト・オーナーがこれを追うのは大変なことで、

まして専門的な知識が必要となる為、無理なことです。

 

 

ではどの様にすれば良いのでしょうか?

 

結論から先に言うと

「専門家にたよるしかないのですが、

安易に頼るのは間違いのもとです」

 

 専門的な知識が必要

 安易に専門家に頼ってはいけない

 

 それでは、いったいどうしろと・・・いうのでしょうか?

 

 それは、

見極めも必要ですが、

自身が責任を持ち「信頼できる専門家にまずは相談することです。」 

決して専門家に丸投げしない事です。

 

 

一般的に、

「専門家といわれる人たち(専門業者だからといって、あなたを担当することになる人が専門家とは限らない)見分けがつかないから」

 

※   安易にSEO対策をしますよと言ってくる人(業者)の口車にのらないことです

※   酷い出費を強いられ結果的になんにもならない事も多々あります。

 

一例を紹介しましょう

 

SEO対策費で月に5万円の費用を3年間も支払った人がいました。

 

その方(お店の)は、何も効果が無いからと(ミラサポ「※1」)に相談に来られました。

 

私たちに直接相談に来られたわけではないですが、

相談を受けられた方から照会(私を紹介しても良いかとの問い合わせがありました。)

 

 

「ホームページのSEO対策などの保守をしてほしい。保守費はMaxで5万円/月だそうです。」と・・・・・

 

 

 内容が分からないとなんとも言えない事なのと、

この段階では具体的な話も(お店の方にあってからでないと)できない。

 

との事で、

現在、

ホームページとして使用している2つのサイトのURLだけ教えてもらいました。

 

ホームページの現状

 

仮に、AサイトとBサイトとします。

 

Bサイトは、

Aサイトが思わしくないので、昨年(商工会議所の支援)相談して(中小企業庁の補助金を獲得)

無料サービスのJIMDOで作った(専門家派遣で作成)もの

 

(一応スマホ対応は済ませていましたが、

JIMDOが悪い訳ではないですが、所詮無料サービスです。)

 

 肝心の「スマホから直接電話をかけられる機能」がありません

 スマホサイトとパソコンサイトの2本立て 

  ※開発・保守・SEO対策など

  全て2本立て(スマホ用・パソコン用が別々の定義なので非同期)となり

  結果、無駄な作業の発生→コスト増につながる    

 

 

ただ、

今回のお話はAサイトの事についてだったので、

これ(B)他にも色々な問題がありますが、これだけにします。

 

何が問題?

お店の人が問題としている

Aサイトは、3年前にホームページを作ってもらって

 

それ以降、

毎月5万円のSEO対策費を支払っていてもう3年契約が9月に満了したそうです。

 

・そして、なんの効果もなかったとお店の人(サイト・オーナー)が憤慨しているそうです。

凄いSEO?

 

考えてもみてください。

5万円×12か月×3年180万円・・・

一体どのようなSEO対策をしたのだろうと・・・思いますよね?

 

どの様な対策をして、もらって、

どの様な報告を受けていたのだろうかと?

 

 

まだ何も、情報を戴いていない状態なので、独断で判断するしかないですが、

 

これまでの内容から

 

専門家だからといって丸投げした結果にすぎない

✔ 専門家だからと安心した。

  (単なる期待値だけで信用?。専門と名乗る業者に騙されたとしか言いようがない)

 

✔ 専門家(SEOの?ホームページの?)に任せれば良い

  (自分は素人だから)といってなにもしない(いわゆる丸投げ

 

✔ どの様な報告を受けていたのかは不明だか、

  月に5万円を支払っていることに対する何の疑問も抱かなかった

  (後になって、結果から効果がなかったからと憤慨しても後の祭りである)

 

✔ 費用対効果を全く考えていない(今も)。

  厳しい言い方をすると、丸投げしたサイト・オーナーにも責任の一端はある。

  (もちろん酷い業者でもあるが)

 

✔ サイト・オーナーは、180万円で、丸投げの責任を取った事になったのだが、ひどい話である。

 

お金を出しても責任は伴うもの

根拠はAサイトの内容から判断するしかなかったが、

 

Aサイト(14ページ)の内容を、サクッと調べて

問題点を述べたレポートを伝え、

一度どの様にすれば良いかを判断したいので、

お話をさせて欲しいと伝えてもらったが、・・・

 

先方さん曰く

 

「そういう事ではない。Aサイトにたまに訪問者があるので、AサイトからBサイトにLINKを貼ってくれたら良いだけだ」

 

と、お話をさせて戴く機会さえ得られなかった。

 

照会してきた人曰く

 

事前に私がまとめたレポートの内容を

かいつまんで報告しておき、

 

別の相談日当日

「専門家を紹介すると」その話をしただけで、

烈火のごとく怒り、それまで穏やかだったが

取り付く島もない」とのこと、

 

「きっと、またお金がかかると警戒しているのでは・・・」、

 

「前出の業者に業を煮やして、またかと思っている。自分はSEOに洗脳でもされたかの様に振る舞っているのに、気づきもしない」

 

という訳で、

とても残念な結果に終わりました。

 

先のレポートで挙げた、根拠について

 

AサイトのURLから

サイト構成の分析

01.スマホ未対応

 

02.サイトに不向きなフォントを使用している。

(※結果的に文字がかすれて見辛い(明朝体フォントなどはサイトには不向)

 

03. 背景と文字色に不一致で文言が見辛い

  ※原因は、壁紙の選択と文字フォント色の不整合

 

  

04. 写真が擦れている

  ※食品のサイトでは致命的

  (写真の撮り直し、プロにお願いする必要あり)

  

05. 入力し辛い、お問い合わせフォーム

  ※地方発送を賜っているにもかかわらず、

   住所入力などのアシストがない

   (例えば、〒入力で住所自動変換など)

  

06.入力項目が無い、項目サイズが小さい

 

07.存在しないページへのLINKがある。

  LPは既に廃止されたのに、LINKが残ったまま。 

  ※不整合が発生・・・Googleからページ低評価を受ける。

 

HTMLの分析 (※2) 

SEO対策が全くされていないと判断した根拠です。

 1. ページ毎のキーワードでもないし無駄な設定

   多くすれば良いというものでもない。

   最大3個程度(それ以上あってもGoogleが認識しない)

 

 2. 16個の単語ではSEO効果・期待・意味を成さないキーワード

  ・詳細は後で書きますが「(16)まぐろ」は、ここでは漁れない(山奥なので)

 

なにをもってキーワードとしたのか不明であるが

(これでSEO専門家・SEO対策とはあきれるばかり)

 

 3. ページ毎にキーワードを変えて設定しないと効果がない

  (14ページが全て、皆同じキーワード)

 

 

 (1). ○○・・・お店の名前の最初の2文字(伏字にしています、○○寿し)

  人は、店舗名で検索しない・・・なぜなら知らないから

 

  (逆に知っている人は検索しない)

・・・従って、全く意味のないキーワード設定。これが最も大事な1番目

 

 (2). 寿し・・・この様なビッグ・キーワード(単語キーワード)で、このお店のサイトはヒットしない

 

 (3). 岩魚・・・このキーワードで検索する人は「岩魚釣り」をする人かもしれない。

 

   このお店は観光地にある(岩魚つりもできるが、)、

   このお店の商品は「岩魚の押し寿司」だか、

   このキーワードでヒットは望めない

   (せめて「岩魚寿司+地域名」のキーワードであれば可能性が増す)

   ・・・従って、これも全く意味のないキーワード設定。

 

 (4)・・・これ以降記述があっても無意味。

 ・・・これらが、上位にあっても、店舗を特定できるものでもないから

  無駄なキーワード

 (04)いわな,(05)イワナ,(06)すし,(07)鮨,(08)秩父,(09)奥秩父,(10)押し寿司,(12)通信,(13)販売,(14)ランチ,(15)うなぎ,(16)まぐろ

 

 (5).ページの説明(description)も、

  ページ毎に設定すればまだ効果があるものを

  (14ページが全て、皆同じ説明。ページの説明になっていない) 

内部SEO

1. ミラサポ:

 

https://www.mirasapo.jp/

ミラサポは、公的機関の支援情報・支援施策(補助金・助成金など)の情報提供や、経営の悩みに対する先輩経営者や専門家との情報交換の場を提供する、中小企業・小規模事業者の未来を支援するサイトです。

 

2.HTML:サイト(ホームページ)を制作する為に使用する言語。

 

ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語である。文章の中に記述することでさまざまな機能を記述設定することができる。

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)

出典:ウィキペディア

新着記事

サイト統合のお知らせ

◇2018年12月19日◇

お知らせ 当サイトは年内を持ちまして以下のURLのサイトに統合いたします。 https://a-itc.info/ テーマ 統合先のテーマは、今まで通りです。 モバイルフレンドリー モバイルファー

サイトをリニューアルしました。といってもこのサイトではありません

◇2018年7月26日◇

当然ですが 今まで、他のテーマでアップしていたサイトの コンテンツを全面リニューアルです。今回のリニューアルに際して意識した点は、顧客視点。使いやすく、分かりやすいサイト。検索から訪れて来てくれた人たちのベネフィットがあること

あたりまえのアダムス

◇2018年4月22日◇

 もし、 あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、 あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。          もし、 あなたが、 何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えす

自然言語検索があなたのWebサイト集客にもたらすもの

◇2018年4月8日◇

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    

MFI始まる。あなたのサイトは大丈夫ですか?

◇2018年3月30日◇

  いよいよ始まります。 Googleが長期にわたってテストと検証を行ってきた モバイルファーストインデックス もし、あなたがWebサイトをお持ちなら、 モバイルに対応する必要性をお感じなら、 この記事を読んでみてください。

あなたのサイトに自然言語検索がもたらす影響

◇2018年3月20日◇

あなたのビジネスはもっとWebを活用すべきです。Webなら大企業より小回りの利く地域ビジネスの方が断然有利です。自然言語検索の実現は、文脈を理解する技術をもたらします。あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに向けたコンテンツを作成し、検索エンジンに…

思いをつたえる

◇2017年12月2日◇

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。    何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

スマホ利用者が訪れたサイトの全てのコンテンツページが見やすく、使いやすく、かつ・分かりやすいものです。さらに近い将来を踏まえモバイルファーストインデックスに対応していること。・・・これはサイトのメンテナンスの上でもレスポンシブデザインで作られている

当然ですが 今まで、他のテーマでアップしていたサイトの コンテンツを全面リニューアルです。今回のリニューアルに際して意識した点は、顧客視点。使いやすく、分かりやすいサイト。検索から訪れて来てくれた人たちのベネフィットがあること

ご自分のWebサイトが何で作られているのか、 ご存知ないのであれば、 一度ご自分のWebサイトを制作した会社に連絡して、 脆弱性などの問題は、ないのかどうか・どうか確認してみてください。   脆弱性放置は、なにもWordPressサイトだ

 出来るだけ「専門用語を使わないで」今回のブログを書こうとは思っているのだけれども、今回は、かなり難しい。   Googleモバイル ファースト インデックスに対応する為に必要なこと...で、ブログに書いた   Googleウェブマスター向

何度も申し上げている様にWordPressの自動更新とAPI・プラグインなどの脆弱性が見つけられた時、スグに更新できるよう、 あなたのWebサイト制作会社と保守契約を直ぐに結んでください。 ホームページは作ってお終いではなく、サイトオーナーとし


最新記事

« 前123456...25次 »

アーカイブ

2018

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 https://a-itc.info

上記サイトは、新しいスマホ最適サイトです

 

 

このサイトは、

IT有資格者(ITコーディネータ)が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトの制作例です。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒230-0041
神奈川県横浜市鶴見区


© 2021 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.