MENU

自分が加害者側にいることに意識がない。ほとんどのオーナーは

2017年5月29日

なぜ、こんな過激なタイトルかを、これから

あなたにお伝えしたいと思い、このブログを書いています。



 このことは、何度も言い方を変えてお伝えしようとしてきたことです。


(残念ながら伝えきれていません。)



 既に感染(改ざん)を発見した7つのサイトオーナーには、


早急な対応をする様にお伝えしたのですが、いまだ改ざんされたままです。


 

非常に残念なことですが、ITリテラシーが低いとか言ってられる・事でもありません。


(ホームページ改修のセールスとも取られたのか?)

 

 

 ほとんどのWebサイトは、


作った切りで何の更新も・保守もされていません

 

もちろん、このことだけで

 

あなたが加害者になったり、犯罪の踏み台にされることはなく、


 

 あなたのサイトが名刺代わりにならない位で、


せいぜいホームページを作った目的が達成されないだけです。


 

 そして、このブログで、そのことを

あなたにお伝えしたい訳でもありません。

 

日本の多くのWebサイトは、WordPressで作られています。


2017/02時点で、Webサイト全体の81%以上がWordPressで作られています。

 


2017/05/29時点では、82.8%

https://w3techs.com/technologies/segmentation/cl-ja-/content_management

 

という現実、あまりにも多くのサイトがWordPressを頼りにしています。


世界では27%(2017/02時点)


 

 そして、ほとんどのサイトオーナーは自分のサイトが何で作られているかを知らない

(本来サイトを作ることが目的ではないので、本来的に知ることもないのですが、)

 

 もちろん


日本では異常な人気度で驚異的な数字ですが、


WordPressが悪いと言っている訳ではありません。


 

問題は、多くのサイトが作った切りで、


最低限のWordPressの自動更新

(自動バージョンアップ)を取り入れていない事です。


 

これらの多くはホームページ制作会社の責任でもある訳なのです。


もちろん、WordPressの自動更新だけでは十分なセキュリティ対策とは言えませんが、


最低限行っておくべきことです。


 

 これ以外に、

WordPressサイトで使われるAPIやプラグインの脆弱性が見つかった場合の対応が必要ですが、

これらの保守は有償となる場合が多く

 

ホームページ制作会社が、

サイトオーナーに保守の必要性について十分な説明をしていないのか、

説明不足で保守に対する理解を得られなかった結果でもあるのです。

 

 

 

 多くのWebサイトを見てきました、

1500サイト以上のWebサイトを見て来ています。

その中で、WordPressの自動バージョンアップを実施されているところはたったの2件でした。

(姑息な・付け焼き刃的にバージョンを隠す操作をしているサイトも含みますが)

 

WordPressの自動バージョンアップは、お金がかかる訳でもなく、


サイトの自動更新設定を最初にしておくだけ済むことです

(私もWordPressサイトには自動更新設定しています)

 


 それなのに、1500以上のサイトでたったの2件


これは、ホームページ制作会社の怠慢です。


保守契約が取れなかったから自動更新設定をしなかったのか、


それとも必要性を認識していないのかはわかりませんが

 

ホームページの殆どはWordPressに限らず、初めにホームページを作った切りで何の更新も保守もしていない・されていないのが(大手サイトを除き)ほとんどです。

 

 

WordPressの最新バージョンは4.7.5ですが、

 

いまだに多くの過去バージョンが脆弱性を放置したまま稼働中です(3.1、3.1.1、4.0など様々)

 

WordPressに限らずMovable Typeでも同じ傾向が見れました。


 

WordPressサイトオーナーは今からでも、

WorePressだけでも自動更新を導入する様ホームページ制作会社に依頼しましょう


(今からだと多少費用はかかるかもしれませんが)

 

 

2017/01には世界で155万ものサイトが改ざんされ、犯罪の踏み台にされました。

 

2017/01以前にも、

これほど物ではないですが、

常に脆弱性に付け込まれた攻撃を受けたセキュリティ事故が起こっています。



対岸の火事でも、他人ごとでは済まされない現実もあります。



 

  筆者も、フィッシングサイトに誘導する様に改ざんされたサイトを見つけています。


当然対策を打つようにお勧めしていますが、

 

残念ながら、最長で半年以上たった今でも何ら対策されていないのが実情です。

ほとんどのサイトオーナーは自分が加害者側にいることを意識していない

 

この様なフィッシングサイトに誘導される改ざんは



サイトを訪れた人をフィッシングサイトに誘導し不注意な訪問者は犯罪の毒牙にかかり、


 サイトオーナーは犯罪の踏み台にされ、


結果的にサイトの失墜からオーナーの信用問題にまで発展してしまう


負の可能性を秘めています。


 

失った信用を取り戻すことほど大変なことはありません。

 

新着記事

内部SEO対策の現実(01)集客と顧客獲得

◇2016年11月3日◇

今と昔のSEO対策 「コンテンツ」と 「リンク」の対策しないと順位上昇し辛い状況と言われて久しい。今回は内部SEOの現状について、実際にあったお話で、今でも手つかずで昔のまま放置の状態がいかに多い事か・そしてサイトオーナーが知る由もない悲惨な現状・これでは…

集客と顧客獲得・SEO盲点をスマホ最適サイトで解決

◇2016年11月1日◇

あなたは、どのように考えていらっしゃいますか? 「意図的な外部LINK(相互LINK)は、SEOスパム」   集客と顧客獲得 この場合 集患と患者獲得となるのだが     先日 とある歯科医院のサイトから 大量の外部LINKを貼

スマホ 集客 特別なことじゃない内部対策SEO descriptionとtitle

◇2016年10月31日◇

titleとdescriptionだけでも適切な内容に修正すれば、あなたのホームページ(Webサイト)は今より、役に立ってくれますよ。過去にサイト制作・SEO対策会社が設定これが問題なのです。あなたはホームページを作った切りにしていませんか?過去に作ったま…

モバイルサイト設定でいつでも、表示⇔非表示設定が変更できます。

◇2016年10月29日◇

スマホ最適化「タップ電話できます」どのページの・どの位置にいても表示される 「電話」ボタンについての質問がありました。 原文 「あと気になったのは、スマホ画面だけでしょうが、 「ずっとしつこいくらい電話ボタンが表示されるのは如何なものか?・ご安心ください。…

モバイルフレンドリーますます加速Googleテストが変わった

◇2016年10月16日◇

スマホホームページは、Googleモバイルフレンドリーテストをクリアし、単なるスマホ対応ホームページより優秀で強力なWebマーケティングのスマホ最適化ホームページが最適、Googleのモバイルファーストにも対応し、将来のスマホサイト優先策も見据えたスマホ最…

既往のしわ寄せ。忍び寄る脅威をあなたはお気づきでしょうか?

◇2016年10月8日◇

ショキングな事実その2 既往のしわよせ 12.6%。 つまり「 ゆでガエル」の状態。業績が実は危機的な状況であるにもかかわらず、先代や過去の財産がこれを見えづらくします。そして限界に到達したとき、とてつもないスピードで倒産に至ります。「なぜ倒産したのかわか…

USPとUVP 独自価値提供が勝ること。USPじゃあない

◇2016年9月28日◇

どちらもマーケティング視点で言えば、   どちらもマーケティングで使われる用語に違いない   でも、   よりマーケテイング視点で考えれば   独自の価値の提供 であるUVPの方が適語表現と思う。   あなたは、USP(独自の

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。    何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

あなたは地域ビジネスのオーナーです。 あなたはホームページ(Webサイト)で集客をねらっています。 でも、中々Webサイトからの集客につながっていません   どうしてでしょうか?     一度あなたのWebサイトを見直してみるのも

つたえる   伝わらない   人に何かを話した時   あなたは、こんな風に感じたことはないでしょうか?   または、     どんな風に 話したたら伝わるだろうかた考えたことは、   ありませんか?   たわいもない

まず質問です。 あなたは何故Webサイトをお持ちなのでしょうか?     あなたのWebサイトは、お役に立っていますか? いまはまだ課題を認識されていないのかも知れませんが、・・・   あなたのWebサイトには2つの問題になりうる

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    


最新記事

« 前123456...25次 »

アーカイブ

2015

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 https://a-itc.info

上記サイトは、新しいスマホ最適サイトです

 

 

このサイトは、

IT有資格者(ITコーディネータ)が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトの制作例です。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒230-0041
神奈川県横浜市鶴見区


© 2018 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.