MENU

横浜マイクロモーメント・モバイル最適フレンドリーでスマホファースト

2016年9月2日

マイクロモーメント

これに対応するためには

 

サイトは正に「モバイルフレンドリー」が必要です。

 

Googleは2015年から「モバイル・ファースト」にシフトしています。

 

タイトルの「マイクロモーメント」も

 

Googleが提唱している概念で、

 

その根底にある考え方は、

 

「人々が何かを欲した瞬間に行うことは、モバイルデバイスで検索する」です。

 

正に、この行動を表しています。

 

 

あなたは、

 

サイトのスマホ対応()は、

 

お済ですか?

 

 

✔ なぜ、Googleがモバイル・ファーストにシフトしたのか?

 

✔ なぜ、Googleがスマホ・ファーストに合わせて、モバイルフレンドリー・テスト・ツールを無償公開したのか?

 

✔ なぜ、Googleは「モバイルフレンドリー・アップデート」を実施したのか?

 

 

✔ なぜ、Googleは、スマホ検索した場合に、サイト毎に「スマホ対応」の有無を表示する様にしたのか?

 

✔ なぜ、Googleは、モバイルフレンドリー・テスト・ツールを強化したのか?

 

モバイルフレンドリー・テスト・ツールを強化

 

これまで室内のパソコンでググっていたユーザーが、今は出先でググっている)・・・

 

出先でノートパソコンというのもありですが、今はなんといってもモバイル端末です。

 

 

そしてその代表が、スマホ(スマートフォン)です。

 

スマホの圧倒的な点は、何より手軽(モバイルに適している)なことです。

 

スマホの電源を落として使っている人は殆どいませんよね?

 

 だから、いつでもどこでも、dokokarademo,好きな時にググれるからです。

 

NTTが携帯電話を出すときに使った社名(docomo)は、このどこでもから来ています。

 

 

 

 今は携帯電話の時代ではなく、携帯(モバイル)するのはスマホですよね?

 

(これは、総務省が発表した情報通信白書の抜粋です。)

情報通信白書

 

 

これらの、確認をされその意義をご存知のあなたは、きっと「スマホ対応」されていることでしょう。

 

(これは世界的な調査会社である、ニールセン(ニールセン株式会社)の調査結果の一部です。)

ニールセン調査1

スマホファースト モバイルフレンドリー

ニールセン調査2

掲載許可を得ています。

 

スマホ対応なら、なんでも良いのか?

 

※、但し、現時点の「モバイルフレンドリー・テスト」をパスするだけの「スマホ対応」では、Googleが提唱する「モバイル・ファースト」には、不充分です。

 

(それはスマホの機能を十分に利用できていない「スマホ対応」のサイトが多いからです。)

スマホ対応なら良いのか?

 

マイクロモーメント, モバイル最適化, スマホ最適化, モバイル

私たちは、「スマホ対応」を超える「スマホ最適化」で、

 

あなたのサイトの

「モバイルフレンドリー」化・

「モバイル・ファースト」化・

「モバイル最適化」・

「マイクロモーメント」への対応をご応援します。

 

いつでも、どこでも、どこからでも

いつでも、どこでも、どこからでも

 

マイクロモーメント

Googleが2015年7月に提唱:

マイクロモーメントとは、

人が何かを知りたい、見つけたい、観たい、買いたいと思ったときに、

反射的にスマートフォンやタブレットに向かうその瞬間のこと。

 

スマホ集客が必要な業種

スマホ集客が必要な業種

既往のしわ寄せ

中小企業庁

中小企業庁

 

 

新着記事

脆弱性放置!責任は Web制作会社に

◇2017年4月15日◇

ご自分のWebサイトが何で作られているのか、 ご存知ないのであれば、 一度ご自分のWebサイトを制作した会社に連絡して、 脆弱性などの問題は、ないのかどうか・どうか確認してみてください。   脆弱性放置は、なにもWordPressサイトだ

あなたは、まだ気づいていません

◇2017年4月8日◇

あなたは未だ気づいていません     あなたは、まだ気づいてはいません。   これは、一部の専門家や ・インターネット・マニアの間だけで 注目されていること   だからです。     なにが、大事

動的配信(メディア切り替え)・リダイレクト

◇2017年4月4日◇

 出来るだけ「専門用語を使わないで」今回のブログを書こうとは思っているのだけれども、今回は、かなり難しい。   Googleモバイル ファースト インデックスに対応する為に必要なこと...で、ブログに書いた   Googleウェブマスター向

常に最新バージョンに、4.7.2にも脆弱性WordPressは

◇2017年4月1日◇

リスクヘッジ サイトオーナーがこれを知ったら夜も眠れない。   2017年1月僅週間あまりで155万ものサイトが改ざんされた。(エイプリル フール では、ありませんよ) 出典:米Feedjit これはWordPressのバージョン4.

スマホ最適サイトにしなければイケない2つ目の理由

◇2017年3月28日◇

1つ目は、 google検索の仕組みが変わる (モバイル ファースト インデックス ※01)に対応が必要。    ✔ このままでは、検索結果で上位表示されていたものが圏外になる可能性が大きい事です。2017/03/26記   ➡ あなた

サイトの問題、潜在的なものと顕在化した2つの問題

◇2017年3月26日◇

まず質問です。 あなたは何故Webサイトをお持ちなのでしょうか?     あなたのWebサイトは、お役に立っていますか? いまはまだ課題を認識されていないのかも知れませんが、・・・   あなたのWebサイトには2つの問題になりうる

いつでも電話できます。マップでご案内しサクサク動く

◇2017年3月24日◇

スマホ対応だけでは不充分、スマホ最適化が求められています。 スマホ最適サイトの強みは、他のスマホ対応サイトには揃っていない機能が全部そろっていること。 綺麗なデザインより、Webマーケティング機能が大事です。 これらの機能は、綺麗なデザイン・

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。    何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

Googleが2016/11/05に発表したモバイル ファースト インデックスに備える必要があります。   Googleがインターネット アクセスの主役をパソコンではなくスマホだと捉え、数年来モバイル ファーストと言って来たものです。  

どんなことでも、つながりがあることは、とても大切で・大事なことです。今日は、趣向を変えて、この、「つながり」について考えてみようと思います。先日、と言っても・・・1か月以上も前のことです。

Webサイトの認知 あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちは、あなたの商品・サービスに関心があって購入するのではなく、あなたの商品・サービスを利用することのよって得られるベネフィットを求め・購入に至ります。 最初はWebサイトに直接訪

スマホ利用者が訪れたサイトの全てのコンテンツページが見やすく、使いやすく、かつ・分かりやすいものです。さらに近い将来を踏まえモバイルファーストインデックスに対応していること。・・・これはサイトのメンテナンスの上でもレスポンシブデザインで作られている

 出来るだけ「専門用語を使わないで」今回のブログを書こうとは思っているのだけれども、今回は、かなり難しい。   Googleモバイル ファースト インデックスに対応する為に必要なこと...で、ブログに書いた   Googleウェブマスター向


最新記事

« 前123456...25次 »

アーカイブ

2019

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 https://a-itc.info

上記サイトは、新しいスマホ最適サイトです

 

 

このサイトは、

IT有資格者(ITコーディネータ)が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトの制作例です。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒230-0041
神奈川県横浜市鶴見区


© 2022 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.