MENU

当たり前の事ですが、訪問者を集め成約率を高める方法をご存知ですか?

2015年8月18日

ホームページに成約率の高い訪問者を集める方法

ホームページを作成したのに集客できない一番の理由は

 「成約率の高い訪問者を集めていない」という事です。

 

訪問者(アクセス)を集める為には

良い情報をホームページに掲載する必要があります。

 

「良い情報」って何と思われるかもしれません。

良い情報発信とは、 あなたが提供しているビジネスで、

 あなたのお客様になって戴きたい人たち向けに、

 お客様(訪問者)の気持ちになって

有用で、質の良い記事をホームページに提供してあげることです。

 

 

最初の訪問者は、

サービスや商品目的で来ているのではなく、

自分の「悩みやニーズ」を解決する

「情報」を収集する ためにアクセスして来ているのです。

まして、 綺麗なページだから寄ってみた、などという事は決してありません。

 

 

アクセスが集まり、

その情報に信頼感が持てたら

あなたのお店のサービスを利用して戴ける、お客様になって戴けるのです。

 

 

インターネット集客の法則

 

集客(売上)=成約率の高いサイト×アクセス数

 

成約率の高いサイトとは、お客様に優しいサイトのことと、 以前の記事で書きました。

 

 お客様に優しいサイトとは

お客様に優しいとは 既存顧客にも、

新規顧客(候補)にも 有用な情報を発信し続けることが大事です。

 

集客をテーマにしているのに、

既存顧客は、無いだろうとお思いですか?

 

既存顧客にも集客が必要なのです。

 2・3度来てくれたから既存顧客と思うのは(時期)尚早です。

 

人はどんなに良いサービスを受けても忘れるものです。

 忘れられない様にするためには、情報を発信し続けることが大事です。

 継続性

重要なのがホームページに新しい情報を掲載し続ける「継続性」が大切です。

「継続性」は信頼につながります。

 

人は、ある時期だけ頑張ることは誰でもできます。

しかし、継続的に頑張り続けることは大変なことで、殆どの人が出来ていません。

 

その大変なことをやり続ける事で、信頼を得ることができます。

 

 

その為にも、

あなたのホームページのコンテンツは大事です。

 ホームページの質と情報量を高めることが大切です。  

 Webサイト

ホームページは、

外部の制作業者に頼んで出来上がれば完成ではないのです。

 

 ホームページは

育てて行かなければ、集客の効果が発揮できません。

 ホームページの記事(コンテンツ)を育てて行く事が必要になるのです。  

 

ブログやFacebookから集客する手もあるけど

情報が拡散して集客には結びつき難いのが現状です。

 

 情報量が多ければ多いほど、

多くの検索キーワードで検索されるようになります。

 

 一度に多くの情報を載せることも可能ですが、

ここでこれだけのページ数を作るためには、

ホームページ業者に頼むと、とても高額になり費用対効果が合いません。

 情報発信の柔軟性

 既存のホームページでは情報発信するとしても

 原稿をホームぺージ制作会社に渡して更新して貰う必要があるのが殆どです。

 

  私たちがご支援するホームページ制作は

 あなた(サイトオーナー)ご自身が記事の編集・ページの更新が簡単にできます。

 内部ブログが大事な理由

内部ブログ機能もありますので、

情報が拡散することなく、

あなたのホームページのコンテンツとして、

お客様に有用な情報の提供が出来ます。

 

また、 FacebookやTwitterなどのSNS連携も情報拡散することなく、

あなたのホームページに呼び込むための道具として利用できます。

 

例えば、

1.内部ブログへの投稿

2.内部ブログの記事からFacebook連携(Facebookへ一部を投稿)

3.あなたのFacebookの記事を見てくれたお客様が、記事をクリックすると、

  内部ブログがある、あなたのホームページに誘導することができます。

4.あなたのブログが気に入ってもらえれば、

 あなたのホームページの他の記事や

 コンテンツを見て戴ける機会(チャンス)になります。

5.あなたのホームページのコンテンツに気に入ったものが見つかれば、

  あなたのお客様になってくれる確率がアップします。

  

新着記事

サイト脆弱性を放置状態WordPressの多く

◇2017年2月19日◇

前回のブログで、日本のWebサイトにおけるWordPressのシェアが81.5%(海外は27.5%)で、WordPressが脆弱性を頻発するCMSでありながら、人気の高さに驚くとともに、リスクに関する対策がなされていない事実を書いた。    本

Google検索変更さらに有利になったコンテンツSEO

◇2017年2月17日◇

Googleから、正式なコメントはないものの///昨年話題となったキュレ―ション系のサイトに対する関係から、今回Googleの日本語圏のみの検索・評価の変更が行われ。その結果の影響(良い意味での)が徐々に表れてきた。   日本語検索の品質向上に

検索1位Googleで65万8千件中 スマホ集客

◇2017年2月15日◇

Google  Titleは「最適スマホ集客ホームページを動画でご紹介さいたま熊谷東京関東」 Snippet(要約)は「2016年6月14日 .スマホ集客ホームページが実際にはスマホでどの様に見えるかを動画で紹介します。 スマホ集客ホームページ

被害が155万サイト改ざん・WordPressを使う義務

◇2017年2月13日◇

155万サイトが改ざん被害、REST API脆弱性を20のグループが攻撃、米Feedjit報告    あなたは、どの様にお考えですか?    あなたのWebサイトはWordPressで作られています。だとしたら? あなたのWebサイト

動画マーケティングYouTubeを有効に使っていますか

◇2017年2月10日◇

あなたはyoutubeを有効に使って、あなたのマーケティングをしていますか? なぜ、こんな質問をしたかと言うと、・・・ 理由があります。   ただ、動画を作ってYoutubeにアップすれば良い・・・だけではダメなんですよ。   20世紀

してはいけない他人ごと。またもWordPress脆弱性02/06

◇2017年2月9日◇

  JPCERTコーディネーションセンター  https://www.jpcert.or.jp/ 「WordPress の脆弱性に関する注意喚起 」のキャプチャ―画像                           I. 概要   W

検索で3位YahooもGoogleもスマホもパソコンも

◇2017年2月6日◇

今回は、地元熊谷でなく、もっと広範において内部対策SEO効果の実証をしてみた。   ここまでのブログは208記事。   そしてSEO対策としては特定ページのtitleとdescriptionをページの趣旨を最もよく表した言葉に変更してみた結

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。    何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

ご自分のWebサイトが何で作られているのか、 ご存知ないのであれば、 一度ご自分のWebサイトを制作した会社に連絡して、 脆弱性などの問題は、ないのかどうか・どうか確認してみてください。   脆弱性放置は、なにもWordPressサイトだ

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    

まず質問です。 あなたは何故Webサイトをお持ちなのでしょうか?     あなたのWebサイトは、お役に立っていますか? いまはまだ課題を認識されていないのかも知れませんが、・・・   あなたのWebサイトには2つの問題になりうる

 もし、 あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、 あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。          もし、 あなたが、 何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えす

リスクヘッジ サイトオーナーがこれを知ったら夜も眠れない。   2017年1月僅週間あまりで155万ものサイトが改ざんされた。(エイプリル フール では、ありませんよ) 出典:米Feedjit これはWordPressのバージョン4.


最新記事

« 前123456...25次 »

アーカイブ

2018

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 https://a-itc.info

上記サイトは、新しいスマホ最適サイトです

 

 

このサイトは、

IT有資格者(ITコーディネータ)が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトの制作例です。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒230-0041
神奈川県横浜市鶴見区


© 2021 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.