MENU

Webサイト制作会社に任せっぱなしは放置と同じ

2017年2月1日

Webサイト制作の要件 /// Webサイト制作の勘違い

 

 ほとんどのホームページ(Webサイト)は、Webマーケティングの要件を満たしていません。

 

 コンテンツを詰め込み過ぎです。

 まるで、実店舗と変わらない有様です。

 

 × 専門店の様に、たくさんの商品やサービスを並べ、

   × 多店舗展開しているところは、広範囲の店舗を紹介したり、

   × デパートの様に、好きなところ・好きな階へどうぞ、

 

と、慇懃無礼です。

・・・Webサイトに訪れた人に・・・選ばせる作り・・・が殆どです。

 

一つの商品・サービスであっても

多くのページを割いて、

Webサイト内のたらい回しをする作りが非常に多いのです。

 

 例えば、写真と概略の説明をわずか数行で書いて、「詳細はこちら >>」とか

 

 やたら難しい言葉で、商品カタログの様な説明だけのページがあり、価格は別ページ

 

 だったり、

 もちろん提供する商品・サービスの組み合わせで、一緒にできないものもあります。

 

しかし、

商品・サービスと価格のページを分けて設けても意味のないものもあります。

 

と、いうか、

そもそも、単独の価格ページを設けても意味がない業態があります。

 

(なのに、治療メニューはこちら、料金はこちら・・・としているWebサイトが多い)

 

なぜ、

医療系のWebサイトにこの様なページで、連れまわす作りが多いのでしょうか?

 

その理由は、

 

 明朗会計をアピールする為には料金を示すべきだと考え、料金ページを作る。

 治療ごとに書くと大変になるから、料金ページを単独でつくる

 治療と一緒のページに書こうとすると、様々なケースが考えられるので一緒にはできない

 

 およそ、このようなことからなのでしょうが、

根本的な要件が決められていないから、

どっちつかずの結果が、Webコンテンツに表れている。

 

考えてみてください。

●  この様な業態では、料金単独ページは不要なのです。

●  この様な業態では、料金単独ページは意味がありません。

(物販でもないかぎり、作ってもほとんど役に立ちません)

 

なぜでしょうか?

 

  •  ▶どの様な治療が必要か、
  •  ▶どの様な処置や医薬品や医療機器を使う様になるかは、
  •  ▶患者さんひとり一人に対する必要性から異なるのですから。

 

Webサイトでは、おおよその費用を治療科目ごとに示すことが、できれは良いのです。

(実地の場で、カウンセリングの後で実際の医療費の説明をするのですから)

 

検索で、あなたのサイトを訪れた、

あなたの患者さんになってくれるかも知れない人たちは、

Webサイトでシビアな料金など期待していません。

 

 

この様なことも、実際の店舗とWebサイトの在り方

Webマーケティングがわかっていない、ホームページ制作会社が多い事の現れです。

Webサイトに無理して書いても無意味なこと・この様なことが多いのです。

 

そんなことより

 ●  Webサイトを作る事の目的を考え

 ●  Webサイトに何をさせるかを考えることが大事で

 ●  Webサイトで何ができるかを考えましょう

 

余計なページはサイトの作りを複雑にします。ページが多いことが良い事とは限りません。

  • ▶ あなたが、提供できるベネフィットを考えましょう(価値提供)
  • ▶ シンプル に (分かりやすく)
  • ▶ クリア で (明快・明確に)
  • ▶ ターゲティング も大切です。(あなたのお客様はどんな人ですか?)

 

そして、

 

 

 検索であなたのWebサイトを訪れる、

あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちは、

 

○○に何らかのトラブルや悩み・欲求を抱えています。

そして、それぞれの欲求は1つです。(○○したい)

 

Webサイトは、実際の窓口とは違います。

1度にたくさんの、お客様になってくれるかも知れない人たちの受付ができます。

 

しかも同時に、

あなた対:多数のお客様になってくれるかも知れない人たち です。

 

これが、

Webサイトを利用したWebマーケティングです。

(Webサイトの特性・優位性を理解し有効に利用することです)

 

実店舗では、1対1です。

人気店では行列ができます。

 

Webサイトでは、1対多が出来ることを、多くの人が見逃しています。

 

あなたのWebサイトに訪れてくれた人たちに、たくさんのメニューを見せたらいけません。

メニューの中から、選ばせてはいけません。

 

Webサイトではその様にしたら、あなたは既に負けています。

 

まるで、レストランでメニューを出して

お客さんが選んでくれるのを待っている様です。

 

 

 これは、

Webサイトの役割と機能を理解していないで、

Webサイトを作っているからです。

 

Webサイトに実店舗に無い優位性がある事を理解していないからです。

 

 

 多くのWebサイトが、

実際の店舗との違いを理解されないまま・制作され・公開されています。

 

これらの多くが、

× 実店舗と同じようにメニューに載せ、

× 多くの商品を並べたり、

× サービスの内容を一方的に説明しているだけです。

 

実店舗では、

よほどのことが無い限り、一度そのお店に入ったら・その店舗内に留まり、

メニューから食べたいものを選んだり、

陳列している商品を見て回り・選んで、気に入ったら購入します。

 

 

Webサイトは、あなたのビジネスの入り口に過ぎません。

 

まだ、実際にお客様がいてくれている訳ではありません。

 

気に入らなければ直ぐに出て行ってしまいます

(多くの離脱が発生していますし・今後も離脱します)

 

 

メニューを広げ・お客様にゆだねる「さあ選べとする」のではなく

 

✔  あなたのサービスのひとつ一つを、優しくわかりやすく伝えるのです。

 

/// 検索であなたのサイトを訪れたひとは、欲求を叶えてくれるサービスを探しています。

  そのサービスに直行したいのです。

 

✔  丁寧に、1ページで完結させましょう

 あなたの説明で、

 お客様に理解を求めたり、

 お客様の判断にゆだねるのではなく、

 

 根気よく(Webサイトに書くのはたったの1回です)、

 箸折ることなく、共通のお話でも他のページに飛ばすことなく、

 ページ内でお伝えしましょう。(説明ではなく伝えるのです)

 

✔  あなたのサービスを利用したら、

 どんな良い事(ベネフィット)があるのかを伝えましょう。

 

/// 検索であなたのサイトを訪れたひとは、

  どんな良い事があるか・あなたのサービスからより良いものを得たいのです。

 

 なぜ・あなたからなのかを、伝えることができたら最高です。

あなたの本当のお客様になってくれます。

 

 

こんなことは、止めましょう

× 1ページに多くの、あなたのサービスを詰め込むのはダメです。

  ・・・見つけにくいのは最悪です。お客様が欲しいのは1つです。

 

× あなたが沢山のお店をお持ちでも、1つのサイトに詰め込んではいけません。

   ・・・どんなに良いサービスでも、お客様が、通える範囲は限られています。

   電話して予約する先も1か所です。フリーダイアルでも電話番号を選ばせてはダメです。

   あなたが、することはWebサイトを分けることです。

 

 

 × 難しい言葉や専門用語をならべ、詳しく説明したつもりになってもいけません

   わからなかったら、聞いてくるだろうと・勝手に理解してはいけません

   ここにも、Webサイトでのマーケティングの間違いがあります。

 

Webサイトの在り方Webマーケティング

   面と向かっている訳でも、あなたの近くにいるわけでもありません。

 

  一方通行の説明でなく、分かりやすい言葉で、丁寧に箸折らず伝えることがWebマーケティングで大切なことです。

ご相談ください

 http://xn--yck7ccu3lc7455c30ebuyp7ir58chkekp3l.net/otoiawase/

 

 

新着記事

あたりまえのアダムス

◇2018年4月22日◇

 もし、 あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、 あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。          もし、 あなたが、 何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えす

自然言語検索があなたのWebサイト集客にもたらすもの

◇2018年4月8日◇

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    

MFI始まる。あなたのサイトは大丈夫ですか?

◇2018年3月30日◇

  いよいよ始まります。 Googleが長期にわたってテストと検証を行ってきた モバイルファーストインデックス もし、あなたがWebサイトをお持ちなら、 モバイルに対応する必要性をお感じなら、 この記事を読んでみてください。

あなたのサイトに自然言語検索がもたらす影響

◇2018年3月20日◇

あなたのビジネスはもっとWebを活用すべきです。Webなら大企業より小回りの利く地域ビジネスの方が断然有利です。自然言語検索の実現は、文脈を理解する技術をもたらします。あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに向けたコンテンツを作成し、検索エンジンに…

思いをつたえる

◇2017年12月2日◇

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

つながり 繋がる

◇2017年7月17日◇

どんなことでも、つながりがあることは、とても大切で・大事なことです。今日は、趣向を変えて、この、「つながり」について考えてみようと思います。先日、と言っても・・・1か月以上も前のことです。

[伝わる]か[つたえる]owned media

◇2017年7月7日◇

つたえる   伝わらない   人に何かを話した時   あなたは、こんな風に感じたことはないでしょうか?   または、     どんな風に 話したたら伝わるだろうかた考えたことは、   ありませんか?   たわいもない

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。    何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    

1つ目は、 google検索の仕組みが変わる (モバイル ファースト インデックス ※01)に対応が必要。    ✔ このままでは、検索結果で上位表示されていたものが圏外になる可能性が大きい事です。2017/03/26記   ➡ あなた

あなたは未だ気づいていません     あなたは、まだ気づいてはいません。   これは、一部の専門家や ・インターネット・マニアの間だけで 注目されていること   だからです。     なにが、大事

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

あなたは地域ビジネスのオーナーです。 あなたはホームページ(Webサイト)で集客をねらっています。 でも、中々Webサイトからの集客につながっていません   どうしてでしょうか?     一度あなたのWebサイトを見直してみるのも


最新記事

« 前123456...25次 »

アーカイブ

2015

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 https://a-itc.info

上記サイトは、ITの全般サービスを掲載したPC専用サイトです。

 

 

このサイトは、

IT有資格者が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトの制作例です。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒360-0212
埼玉県熊谷市江波522-23


© 2018 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.