MENU

お客さんになってくれるかも知れない人たちの関心は

2017年4月18日

Webサイトの認知

あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちは、あなたの商品・サービスに関心があって購入するのではなく、あなたの商品・サービスを利用することのよって得られるベネフィットを求め・購入に至ります。

最初はWebサイトに直接訪問する訳ではありません。

あなたのWebサイトのWebコンテンツは、

まず知られることが第一に必要なことです。

 

検索で現れるのは入り口に過ぎない

「検索」の結果表示はとても大事なことです。

 

そして、表示される内容は、もっとも大事なことをあらわすものです。

しかし、ほとんどのWebサイトの

コンテンツは、未整備状態(手つかずの状態)です。

 

あなたのWebコンテンツも、・・・

 

 ベネフィットが見えるヘッドラインにしませんか?

 

 ベネフィットが伝わるサブヘッドにしませんか?

 

かなり極端に聞こえるかも知れませんが、

ベネフィットが無いホームページのコンテンツ=集客の役に立っていないということです。

 

いきなりで何のことだと、あなたはお思いでしょう。

そうです、あなたのホームページ(Webサイト)は役に立っていないということ

 

あなたが、Webサイトに期待しているものが集客だったら

それは、叶っていないということです。

 

なぜなら、

あなたのWeサイトの存在を知らしめることが出来ていないからです。

 

 

 

以前「検索上位でいることがそんなに大事ですか?」と言う記事を書きました、

今回は、これと真逆の事を言っている様に思えるのかも知れません。

 

でも、目指すところは集客で、

どちらも(検索上位と・関心を引くこと)必要なことで正解なのです。

Web集客を、実現するための順番・順序が違うだけで、・・・

 

きょうは、

あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちの「関心をひくために必要なこと」の切り口からのお話です。

(ニワトリが先か・たまごが先かのお話しです。)

 

  1. まず、コンテンツをしっかりさせる(関心がひけるものにする)
  2. 次に、検索上位にさせる

です。

content コンテンツ

順番にまいりましょう


 

コンテンツをしっかりさせる・・・とは、

1 .あなたのWebサイトを訪れあなたのお客さん医なってくれるかも知れない人たちに向けて有用な記事を用意することです。

 

2 .そして、それを検索エンジンが見つけやすい形にしてGoogleに知らせることです。

これのどちらかが欠けてもいけません(両方が必要です。)

 

※.当然ですが、役立たない記事を、目立つようにGoogleに伝えてもダメです。

 

※.これも当然ですが、あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちの関心を引く

①ヘッドラインで、

②単なる説明でなく、何が良いのか・なぜ良いのか具体的なベネフィットが伝えられる内容でなければなりません。

 

なぜなら、あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちの関心は、

 

あなたの商品やサービスに関心があるわけではなく、

 

あなたの商品やサービスを選ぶことによって自分が受けることができるベネフィット

(他よりも・何かより良い事)に関心があるのです。


 

そして、次が検索上位にさせることです。

(いくら検索上位に表示させることが出来ても、①関心を引くヘッドラインでなければ、②ベネフィットを感じさせることが出来なければ、クリックしてあなたのWebサイトに訪問されません)

 これは、前回お話しした内容です。

 

ここでも、Googleに正しく認識してもらう為の、先出の①②に内容が重要になってきます。

①   上段は、そのコンテンツのヘッドラインで

②   URLの下は、そのコンテンツのサブヘッドです。

次の例(検索時の画像キャプチャの切り抜き)

検索時の画像キャプチャ

ヘッドラインでもサブヘッドでも、関心を引くタイトルも、繰り返しの文言・単語だらけで、少しも具体的なベネフィットに触れていないし、当たり前の事しか書かれていないからです。

 

でも、何だ(なぜこの様な例なのか?)と思わないでください。

 

この様な、コンテンツの紹介内容(タイトルと要約)を深く掘り下げ、

いったい何が問題(検索上にあっても、クリックされて訪問されない原因)かを明らかにすることが、

Web集客を目指す上でとても大切なことですから。

 

程度の差こそあれ、

この様な・つまらない(言い方が悪いのは承知の上です)

ヘッドラインとサブヘッドだらけのWebサイトのコンテンツが非常に多いのです。

 

この例(名称などはマスクしていますが、で囲んだ部分は、全て重複する文言で繰り返されているだけです。) 

Web上で提示できる限られた文字数の制限の中では、とてももったいないことです。

 

とある歯科のTopページのタイトルと要約です。

 

 

あなたは、何がいけないかお判りでしょうか?

 

 

そうです、

ページのコンテンツの内容を、

マーケテイングするのに必要な内容が、

皆無と言っていい程無いのです。

 

上に上げたページだけでなく、

ほとんどのページのヘッドラインとサブヘッドの内容が同じなのです。

 

例えば、上のTopページの記載では、

タイトルと要約の課題・問題 分析

 

この様な内容で、Googleに伝えたとしても、

たくさんのコンテンツを用意しても、

有益なコンテンツとして識別できないのです。

 

結果「検索」で現れるものにも限定されます。

 

ベネフィット ライティングのヘッドライン

例えば、ヘッドラインは

ベネフィット ライティング ヘッドライン

と、するのです。

 

これでベネフィットを含めても、わずか29文字で、表したいタイトルが出来ます。

 

ベネフィットは、

 

です。

 

そして、

サブヘッドは、さらに具体的に伝えるのです。

ベネフィット ライティングのサブヘッド

ベネフィット ライティング サブヘッド

これで、121文字です。

もっとブラッシュアップしてより適切なものにすることも、できます。

(最初の例の要約と比べてみてください)

歴然と、良さがわかるものと思います。

 

いかがでしょうか?

 

あなたは、

この様なセールス コピー ライティングで最適化された


WebサイトのWebコンテンツ紹介の


Web集客のためのコピーが欲しくないですか?


お問い合わせ

あなたのURLを添えて、お問い合わせください。

 

 

新着記事

ほとんどのオーナーは自分が加害者側にいることに意識がない

◇2017年5月29日◇

なぜ、こんな過激なタイトルかを、これから あなたにお伝えしたいと思い、このブログを書いています。  このことは、何度も言い方を変えてお伝えしようとしてきたことです。 (残念ながら伝えきれていません。)  既に感染(改ざん

またもWordPressに複数の脆弱性

◇2017年5月27日◇

何度も申し上げている様にWordPressの自動更新とAPI・プラグインなどの脆弱性が見つけられた時、スグに更新できるよう、 あなたのWebサイト制作会社と保守契約を直ぐに結んでください。 ホームページは作ってお終いではなく、サイトオーナーとし

モバイル ファースト インデックスに最速で最適かつ現実的に備える

◇2017年5月7日◇

Googleが2016/11/05に発表したモバイル ファースト インデックスに備える必要があります。   Googleがインターネット アクセスの主役をパソコンではなくスマホだと捉え、数年来モバイル ファーストと言って来たものです。  

スマホ最適化 ・スマホ最適化ホームページ

◇2017年4月22日◇

スマホ利用者が訪れたサイトの全てのコンテンツページが見やすく、使いやすく、かつ・分かりやすいものです。さらに近い将来を踏まえモバイルファーストインデックスに対応していること。・・・これはサイトのメンテナンスの上でもレスポンシブデザインで作られている

脆弱性放置は Web制作会社の責任

◇2017年4月15日◇

ご自分のWebサイトが何で作られているのか、 ご存知ないのであれば、 一度ご自分のWebサイトを制作した会社に連絡して、 脆弱性などの問題は、ないのかどうか・どうか確認してみてください。   脆弱性放置は、なにもWordPressサイトだ

あなたは未だ気づいていません

◇2017年4月8日◇

あなたは未だ気づいていません     あなたは、まだ気づいてはいません。   これは、一部の専門家や ・インターネット・マニアの間だけで 注目されていること   だからです。     なにが、大事

動的配信(メディア切り替え)・リダイレクト

◇2017年4月4日◇

 出来るだけ「専門用語を使わないで」今回のブログを書こうとは思っているのだけれども、今回は、かなり難しい。   Googleモバイル ファースト インデックスに対応する為に必要なこと...で、ブログに書いた   Googleウェブマスター向

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。     何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

理由は複数あります。 1.    あなたのWebサイトを訪問しているあなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちは、あなたのサービス(商品)で、自分の願望を叶えたり悩みやトラブルを解決したいと考えている人たちです。   2.    あなた

あなたは未だ気づいていません     あなたは、まだ気づいてはいません。   これは、一部の専門家や ・インターネット・マニアの間だけで 注目されていること   だからです。     なにが、大事

  あなたが、Webサイトのスマホ対応をお考えなら、5分ください。   なぜこの様なお手紙をあなたに差し上げたか?   あなは、あなたのホームージのスマホ対応をお考えでしょうか?   あなたがスマホ対応を検討中なら、この手紙の内容を、

何度も申し上げている様にWordPressの自動更新とAPI・プラグインなどの脆弱性が見つけられた時、スグに更新できるよう、 あなたのWebサイト制作会社と保守契約を直ぐに結んでください。 ホームページは作ってお終いではなく、サイトオーナーとし

 出来るだけ「専門用語を使わないで」今回のブログを書こうとは思っているのだけれども、今回は、かなり難しい。   Googleモバイル ファースト インデックスに対応する為に必要なこと...で、ブログに書いた   Googleウェブマスター向


最新記事

« 前123456...24次 »

アーカイブ

2015

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 http://a-itc.info

上記サイトは、ITの全般サービスを掲載したPC専用サイトです。

 

 

このサイトは、

IT有資格者が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトです。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒360-0212
埼玉県熊谷市江波522-23


© 2017 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.