MENU

ホームページでこんな間違いしてませんか?あなたは

2017年3月14日

スマートフォン サイト 作成が急務となっています。

 

ホームページは名刺代わりに

ただ持てば良かった時代から

2015/04/21

Googleモバイル フレンドリー アップデートでも

触れている(フレンドリー:使いやすい・優しいスマホサイト)

スマホ対応が必須となり

 モバイル フレンドリー アップデート


 

そして、更に

いよいよGoogleが実施しようとしている

モバイル ファースト インデックスに対応が必須となってきております。

 

Googleは、今後

全ての検索のインデックスのランク付け(順位付け)を

 

スマホ用サイトを基本にする()と

2016年11月5日に発表しました。

.今後、遠くない将来に

パソコンからの「検索」であっても、

スマホ用サイトの出来で、検索結果のインデックスを作成し・順位付けをするということです。

これが、「モバイル ファースト インデックス」です。

 モバイル ファースト インデックス

 

あなたが、

企業が、

好む・好まないにかかわらず

 

モバイル ファースト・・・

インターネットに、事業の一部でもかかわっているなら

 

Googleの検索エンジンに

より答える・られる・・・ことが、

 

あなたのお客さんになってくれるかも知れない人たちの要望に応えることになるのですから

 

 

いままでは、

スマホからの「検索」であっても、

パソコン用サイトの出来を基準にしていました(2017/03現在も)が、終わり

 

遠くない将来に

パソコンからの「検索」であっても、

スマホ用サイトの出来で、検索結果のインデックスを作成し・順位付けをするということです。

 

スマートフォン対応サイトの間違い

 

最近よく見かけるようになったのですが、

Webサイトのトップページだけスマホ対応したものや

 

パソコンサイトの中から数ページ(重要と思われる分?)だけ変換して

スマートフォン対応サイトにしたWebページがあります。

 

あなたは、ホームページでこんな間違いしていませんか?

 

これでは、モバイル ファースト インデックス対応はできないのです。

 

インターネット「検索」の主役はスマホです。

(パソコンが主役だった時代は過ぎ去っています)

 

そして、

最も肝心なことは、

「検索」であなたのサイトを訪れる人たちは、

トップページや、あなたが意図してスマホ対応したページに

ランディング(着地)するとは限らないということです。

 

「検索」であなたのWebサイトを訪れる人たちは、

 

あなたの、商品・サービスで

自分の欲求(要望)を叶えるためにやってくるのです、

 

訪れたページが

スマートフォン対応されていなかったら

お客さんにとって

それは、見辛らく・使いにくいページです。

きっと、スグに離脱してしまって

もう二度とあなたのサイトにやって来ないでしょう。

 

モバイル ファースト インデックス 対応であること

もちろん、

パソコン用サイトと同じ内容を

スマホ用サイトにスマホ―とフォン対応で作っていく

いわゆる2本立てで行っていければ、

 

モバイル ファースト インデックス 移行後も

スマホ用サイトが役立ってくれるから良い様に思われるかも知れないですが・・・

 

本当に・・・そうでしょうか?

ズット2本立てでメンテナンスしていくのでしょうか?

 

concrete5 ベース CMS

私たちは、この様に考えています。

 

単なる

モバイル フレンドリー テストをパスするだけでなく

 

レスポンシブで、1つのURL、1つの記述で

特定のページだけでなく、

全てのページをスマートフォン対応する。

 

そして、全てのページに

ページのどこからでも、

あなたに「電話」できる機能を常駐させる(スマホ最適化)

 

見やすく・入力しやすく最適化(EFO)された

お問い合わせフォームの提供と

 

Googleマップで

あなたのお客様をご案内する

 

もちろん、

モバイル ファースト インデックスに対応済みです。

 

SNS 連携

あなたのブログをSNS経由で拡散させ

あなたのWebマーケティングのお手伝いをする

(Facebook , twitter , Google+ , HatenaBookMark , そしてLINE)

 Facebook , twitter , Google+ , HatenaBookMark , LINE

 

 

サイト内 YouTube

 YouTube

 あなたが、「YouTube動画」をお持ちなら、

YouTubeサイトに離脱する事無く

あなたのWebサイト内で「YouTube動画」を再生し動画マーケティングも出来ます。

 

お問い合わせ

あなたは、この様な

スマホ最適化サイトが欲しくないですか?

 

 

 

新着記事

あたりまえのアダムス

◇2018年4月22日◇

 もし、 あなたが、つねに改善を求めているのならば、 この本は、 あなたが今まで読んだ本の中でも最も興味深いものになるでしょう。          もし、 あなたが、 何らかの成果を求め続けているのならば、 私が今からお伝えす

自然言語検索があなたのWebサイト集客にもたらすもの

◇2018年4月8日◇

    「ググる」ということをあなたも行ったことがあると思います。   と、 言うか、 今ではほとんどの人が、 「ググる」ことなしに日々を過ごしているとは思えません。     それほど、日常生活に溶け込んでいます。    

MFI始まる。あなたのサイトは大丈夫ですか?

◇2018年3月30日◇

  いよいよ始まります。 Googleが長期にわたってテストと検証を行ってきた モバイルファーストインデックス もし、あなたがWebサイトをお持ちなら、 モバイルに対応する必要性をお感じなら、 この記事を読んでみてください。

あなたのサイトに自然言語検索がもたらす影響

◇2018年3月20日◇

あなたのビジネスはもっとWebを活用すべきです。Webなら大企業より小回りの利く地域ビジネスの方が断然有利です。自然言語検索の実現は、文脈を理解する技術をもたらします。あなたのお客様になってくれるかも知れない人たちに向けたコンテンツを作成し、検索エンジンに…

思いをつたえる

◇2017年12月2日◇

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

つながり 繋がる

◇2017年7月17日◇

どんなことでも、つながりがあることは、とても大切で・大事なことです。今日は、趣向を変えて、この、「つながり」について考えてみようと思います。先日、と言っても・・・1か月以上も前のことです。

[伝わる]か[つたえる]owned media

◇2017年7月7日◇

つたえる   伝わらない   人に何かを話した時   あなたは、こんな風に感じたことはないでしょうか?   または、     どんな風に 話したたら伝わるだろうかた考えたことは、   ありませんか?   たわいもない

人気記事

前の記事で、集客にはスマホ・サイトの充実が必要だと書きました。    何故、スマホ・サイトが必要かとお思いでしょうか? それは、既存のHP(ホームページ:サイト※1)は、   パソコンの大きな画面で見ることを前提に作られている

この記事の関連記事

何度も申し上げている様にWordPressの自動更新とAPI・プラグインなどの脆弱性が見つけられた時、スグに更新できるよう、 あなたのWebサイト制作会社と保守契約を直ぐに結んでください。 ホームページは作ってお終いではなく、サイトオーナーとし

 あなたは、どの様にお伝えしていますか?あなたが、ご自分のサービスや商品を紹介するときサービスの特徴や商品の性能や機能の説明になっていませんか?「つたえる」伝わらない。人とひとをつなぐもの、それは、

なぜ、こんな過激なタイトルかを、これから あなたにお伝えしたいと思い、このブログを書いています。  このことは、何度も言い方を変えてお伝えしようとしてきたことです。 (残念ながら伝えきれていません。)  既に感染(改ざん

1つ目は、 google検索の仕組みが変わる (モバイル ファースト インデックス ※01)に対応が必要。    ✔ このままでは、検索結果で上位表示されていたものが圏外になる可能性が大きい事です。2017/03/26記   ➡ あなた

 出来るだけ「専門用語を使わないで」今回のブログを書こうとは思っているのだけれども、今回は、かなり難しい。   Googleモバイル ファースト インデックスに対応する為に必要なこと...で、ブログに書いた   Googleウェブマスター向


最新記事

« 前123456...25次 »

アーカイブ

2015

お知らせ

 

お知らせ

こんにちは

会社情報

合同会社 アルファ・ITC

 https://a-itc.info

上記サイトは、ITの全般サービスを掲載したPC専用サイトです。

 

 

このサイトは、

IT有資格者が、

 ご提案する 集客(顧客獲得)に特化したサイトの制作例です。

電話番号

080-4433-7227

所在地

〒360-0212
埼玉県熊谷市江波522-23


© 2018 スマホ最適化ホームページで商売繁盛。あなたも! All rights reserved.